×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


女性がん保険

「女性がん保険の正しい選び方」とは?

がん保険は必要?

「女性がん保険の正しい選び方」では、女性のがん保険選びの参考となるように女性のがんについての情報と、がん保険の選び方をまとめています。女性がかかりやすい特有のがんについての概要。特に乳がんと子宮がんについて解説しています。乳がんの症状、乳がんの種類、乳がんの治療に関する知識の概要を得られます。また、子宮がんの種類、子宮がん症状などについても情報を掲載しています。

女性がん保険メニュー


女性がかかりやすい「がん」

日本人の3人に1人が、がんで亡くなっています

「がん」は、日本人の死因のトップとなっており、3人に1人は「がん」で亡くなられると言われています。「がん」が原因での死亡率は増え続けており、 2015年には2人に1人が、「がん」で亡くなると予想されています。これを称して「がんの2015年問題」と言います。特に、40歳を超えると「がん」による死亡率が急増するそうです。


乳がんと子宮がんの概要

その他、子宮がんも女性特有のがんと言えます。下記では、乳がんと子宮がんについて概要をご説明します。

乳がんの対策

乳がんの最も一般的なものは、4種類に分類されています。

  • 乳頭腺管がん(乳官がん)・・・約20%
  • 充実腺管がん・・・約20%
  • 硬がん・・・約40%
  • 3つとは異なる特殊型・・・約20%

乳がんの症状は、「しこり」です。乳頭から血液のようなものが出たりとか、痛いとかいう症状が出ます。そのような症状があるときは乳腺専門医に検診に行かれるとよいでしょう。硬がんの場合、皮膚がくぼ状にくぼんだり、赤く腫れたりするのが特徴です。乳房表面の変色や痛みなども要注意です。変色する場合、赤みがかることが多いです。がんの場合、注意しないといけないのは、転移です。脳や骨にも転移します。肺内臓も要注意です。したがって、体の痛み、咳、食欲不振、言語障害などの症状にも注意を払いましょう。乳がんの進行度は0期〜4期に分けらています。0期なら早期乳がんで生存率は100%です。1期なら90%と言われています。したがって早期発見が対策の鍵になります。

子宮がん〜症状の特徴〜

子宮がんの場合、乳がんとちがって2種類あります。どこにがんが出来るかで分けられます。

  • 子宮の入口にできる子宮頸(しきゅうけい)がん・・・約80%
  • 子宮の奥にできる子宮体がん(子宮内膜がん)・・・約20%

それぞれが発生の原因や性質が違うので注意が必要です。子宮がんの症状の特徴は、閉経周辺時期にも出血が生じることが特徴とされています。このことを知っていれば異常に気付くことができるでしょう。子宮頸がんの症状としては、初期には自覚症状がでにくいのですが、月経不順、出血が特徴です。特に普段から出血するようになると症状が進んでいる可能性があるので要注意です。下腹部の痛み、発熱、排尿・排便不良なども要注意。さらに症状が進むと、貧血、食欲不振、体重減少が生じます。子宮体がんに症状としては不正出血に要注意です。月経以外の出血があった場合、検診を受けるようにした方がよいでしょう。
なお、これらの症状にかぎらず、広く知識を集めるようにすることをお勧めします。不安を感じたら、専門家に相談するのが一番です。これは心にとどめておきましょう。また、がん保険について準備しておくことも大切です。